中古漁船のパーツが見つかる【欲しい商品をゲット】

手軽に処分できます

査定を行いましょう

婦人

利用状況にもよりますが、FRP製漁船の耐用年数はおよそ10年前後です。
購入から10年を過ぎるころには、塗装の傷みも目立ち始めることにくわえ、エンジンなどの機関部にも徐々にトラブルが目立つようになってきます。
もちろん十分なメンテナンスを施せば、まだまだ使用することも可能です。
しかし、メンテナンスコストや業務効率のことを考えると、買い替えも視野に入れる時期です。
新しい漁船を購入する場合は、それまで使用していた漁船を処分することになります。
ただ漁船の処分は廃船手続きが必要となることにくわえ、FRPリサイクル料金も必要になるなどなにかと面倒も付いて回ります。
そこで漁船を処分する際におすすめなのが、買取専門店への売却です。
買取専門店に依頼すれば、古い中古漁船でも高値で買取してくれます。
中古漁船の売却は、買取専門店のホームページから簡単に依頼することが可能です。
ホームページ内にある査定フォームから、エンジンの形式や船体写真など基本データを送信すれば、自宅に居ながらにしてすぐに査定金額を調べることができます。
査定額に納得したら、正式に売却依頼を行います。
不要となった中古漁船は、専門業者がトラック輸送や牽引などで回収してくれます。
また買取専門店に売却すれば、廃船手続きやFRPリサイクル料金の支払いも不要となるため、中古漁船の処分がぐっと楽になります。
減価償却が済んだ古い漁船の処分を検討している方は、買取専門店に依頼して売却手続きを行うようにしましょう。

資金を抑える方法

男性

高齢で跡継ぎがなく漁師を廃業する方は少なくありませんが、その一方で新しく漁師として就業したいという方もいます。
学歴や年齢に関係なく、腕一本で年収一千万円を稼ぐことも可能な漁師は、ロマン溢れる職業と言えるでしょう。
漁師になるには専門の課程がある学校を卒業するほか、漁船の乗組員に応募して採用されるという方法があります。
また全くの未経験者がオーナー漁師を目指す場合、全国漁業就業者確保育成センターからサポートを受けることができます。
具体的には各地で開催されている漁業体験プログラムに参加したり、就業支援フェアで受入先とのマッチングを行います。
その後2〜3年間の長期研修を受講しますが、研修期間中は賃金が支払われ、また修了後も給付金を受給できることがあります。
漁師として独立する場合、専用の漁具や漁船が必要になるため、ある程度の蓄えは不可欠といえます。
低利の融資を受けられる場合もありますが、やはり新品の漁船は高額なので、中古漁船を購入するのもひとつの選択肢です。
中古漁船であれば魚群探知機などのオプションも初めから装備されていることが多く、経験の浅い新規就業者には便利でしょう。
ほかに漁協から中古漁船のリースを受けるという方法もあります。
廃業で余っている中古漁船は多いため、中古といっても状態のよい漁船が入手しやすくなっています。
漁協への出資金や各種免許の取得など、新規就業には何かとお金がかかりがちなので、初期費用を抑えるためにも中古漁船の活用が効果的です。

適切な対応をしてくれる

電卓

今まで漁師をしてきた人の中には、年齢によって仕事を続けられなくなった、後継者がいない、などの理由から漁船の処分を考えている人もいるでしょう。
この中古漁船の処分では、漁船の買取業者を利用するのが便利です。
漁船によっては高額買取をしてもらえる可能性もありますし、動かない船でも買取業者の多くが対応しています。
初めて買取業者を利用する人にとっては、どのようにお金を支払ってくれるのかと不安になる人もいるかもしれません。
このような業者の多くが、出張査定をしていて、実際の船を確認したうえで買取価格を提示してくれます。
この価格に納得でき、契約が成立すれば、その場で現金で支払ってくれる業者もあります。
この中古漁船を買取ってもらうときには、どのようにして船を運ぶのかと思う人もいるでしょう。
対応は業者によっても違いますし、船の状況や係留している場所によっても異なります。
運ぶ方法は水上か陸上かの2種類です。
水上からなら曳航して運ぶこともあります。
また、動かいないような船であれば、トラックに船を積み込んで運ぶケースもあります。
もし、トラックに積み込むことができないような船でも、港に重機を入れて、船をまず陸揚げします。
その後解体してトラックに積み込んで運びます。
このように、中古漁船買取業者であれば、どんな船でも運搬可能です。
船が動かなくて、本当に処分してくれるのかと不安を感じている人もいるでしょう。
そんな人も、まずは中古漁船の買取業者に相談をしてみましょう。
様々なアドバイスや提案をしてくれ、良い船の処分や買取をしてもらえます。

中古という選択

漁船

漁船の選択肢としては、新造船と中古漁船がありますが、中古漁船でも状態が良ければ使用するのには問題ありません。定期的にメンテナンスをすれば、問題ありません。また、買取業者を利用すれば漁船を安く処分できます。

もっと読む

手軽に処分できます

婦人

中古漁船は、買取専門店に依頼すれば高値で売却できます。査定依頼は、ホームページから行えるなど簡単な点も魅力となっています。買取専門店に売却すれば、廃船手続きやFRPリサイクル料金の支払いも必要なくなるので中古漁船を手軽に処分できます。

もっと読む

購入する方法

財布

中古漁船の購入は、販売業者のホームページをチェックすると良いです。気になる漁船が見つかったら、業者に連絡をし、検船や試運転を実施します。その後、売買契約書を作成し、納入引き渡し、名義変更をします。ちなみに、名義変更や漁船登録料、仲介手数料などが必要になります。

もっと読む